東京大学情報基盤センター

センター概要

ホーム > センター概要 > 目的・役割と活動

目的・役割と活動

目的

本センターは、学内外の研究・教育、社会貢献等に係る情報処理を推進するための基盤的研究を行うとともに、学際大規模情報基盤共同利用・共同研究拠点としての役割をはたしつつ、基盤となる設備等の整備及び提供、その他必要な専門的業務を行うことを目的としています。

役割と活動

情報メディア教育研究部門

image: ECCS2012

本部門では、教育用計算機システムの維持・管理・運営、学内の情報リテラシーを含む情報関連教育の支援、教育の情報技術による支援を行っています。加えて、学内の情報基盤としての各種サーバ(メールサーバ、ウェブサーバなど)の運営、教材の電子化に関するサポート、学習管理システムの運用、学内組織の情報発信のサポート等、学内において円滑に教育・研究活動が行えるように、最新の情報技術を用いたサービスを総合的に行っています。

情報メディア教育研究部門では、このような大規模システムの企画・立案、運営の効率化・安定性確保の研究、情報関連教育の支援、教育の情報技術による支援システムの企画・立案・構築を行っています。

学術情報研究部門

本部門では、本学の学生および教職員の学習、教育、研究活動にとって必要不可欠な学術情報を、デジタルコンテンツとしてネットワークを介して提供するとともに、本学において日々蓄積される学術情報を、電子化発信するためのサービスと研究開発を実施しています。オンライン目録OPAC、引用索引データベース検索プラットフォームWeb of Knowledge、また8,000種以上に渡る電子ジャーナルを始めとする各種データベースを開発または提供しています。さらに、利用者がこれらのサービスを最大限に活用できるよう、定期的な講習会や学術情報へのアクセスガイド「レポート・論文支援ブック:ここから始めよう」の作成を行っています。

学術情報研究部門では、大規模データ処理、先進的なサービスに係わる技術開発を行っています。その一部は、すでにWeb2.0 を活用した図書館情報ナビゲーションシステム、Web からの用語抽出システム「言選Web」として実用に供されています。その他、データマイニング、機械学習、プライバシー保護技術など、将来の図書館電子化部門のサービスと期待される技術についての研究を進めています。なお、研究部門は、大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻に協力講座として参加し、教育研究に携わっています。

ネットワーク研究部門

東京大学は、東京近郊の6つのキャンパスと50を超える遠隔研究施設等から構成されており、これらは地理的に分散して設置されています。このため、東京大学の研究・教育情報の円滑な流通には、安全で安定したネットワーク環境が不可欠になっています。

本部門では、東京大学における研究・教育の基盤となる学内ネットワーク(東京大学情報ネットワークシステム:UTnet)の構築と運用管理を行っています。更に、先進的ネットワーク環境に関する研究開発活動を積極的に進めています。

スーパーコンピューティング研究部門

image: FX10

本部門が運用する計算機は、学術研究・教育・社会貢献を目的として各大学・研究機関等に在籍する大学教員・大学院学生・学部学生・研究者、学部学生の高性能計算演習、等によって共同利用されており、現在年間で約800人の利用者を擁しています。計算機は、新機種の更新による処理能力の定常的増強等、常に高水準・最先端・大規模計算のサービスを提供できるよう運営されています。さらに、利用負担金は定額制導入により利用者に利便性を図っています。

スーパーコンピューティング研究部門は、東京大学工学系研究科電気系工学専攻の協力講座の一部門として大学院教育に参画するとともに、計算機技術の動向を見定めながら、スーパーコンピューティングの将来に備える研究を目指し、高性能並列数値計算ライブラリーの研究やその実用化を目標に、大学内外の研究者との共同研究を行っています。