東京大学情報基盤センター

ネットワーク研究部門

ホーム > ネットワーク研究部門 > 概要

概要

情報ネットワークの基礎技術から応用までを研究するとともに、5つのキャンパスと複数の研究施設を結ぶ学内ネットワークシステムを構築しています。

ネットワーク基盤の次のステージをつくる

日本のインターネットは、1986年、東京大学の情報基盤センター(当時大型計算機センター)、慶應義塾大学、東京工業大学の間を実験ネットワークでつなぐことから始まりました。その後、インターネットは膨大な数の人とモノ(機器)がつながる巨大なコミュニケーション基盤に成長し、いまやインターネットのない社会を考えることはできません。私たちは、その次のステージのネットワーク基盤に向けて、基礎から応用までの研究を進めています。

また、学内ネットワークシステムUTNETをプランニング・構築することも、私たちの役割です。本郷、駒場、柏を始めとする5つのキャンパスと国内各地に散らばる複数の研究施設、時間とともに変容していく組織。ネットワークに求められるものも、部門によって多様です。研究者や部門のさまざまな要求に対して、柔軟に対処できる仕組みがポイントです。

研究テーマ

無線ネットワークの通信品質向上と応用

設置環境のさまざまな要因が通信品質に影響を投げかける無線ネットワーク。その基礎技術から応用までを研究しています。そのひとつは、同時利用者数や無線中継回数が多い場合の伝送効率や品質向上を図ること。また、走行中の車に最適なルート情報を与えて渋滞を回避し、走行時間を短縮させるプロジェクトも進んでいます。

広域分散環境の高度な基盤技術

気象センサーや振動センサーなどの小型ノードから得た情報を日常生活での安心情報として活かせるように、ネットワーク基盤技術を研究しています。

マイクロコンピューターによるクラウドの活用

低消費電力で機動性の高いマイクロコンピューターを使い、クラウドへの情報発信や、クラウドに蓄積された情報を効果的に収集・提示する方法を研究しています。

拡張現実感技術を用いたユーザーインターフェイス

人の五感のひとつを他の感覚で補完もしくは置換する感覚間相互作用(クロスモダリティ)を応用して、シンプルな装置でリアルな体験を実現する方法を研究しています。

広域分散クラウドの要素技術開発と実証実験

障害に強く、効率のよいリソース配分が可能な、インタークラウドの要素技術を研究。実際に大学間を結ぶ広域分散クラウドを形成し、実証実験を行っています。

サイバーセキュリティ

DNS(名前とIPアドレスを相互に変換する仕組み)情報、トラフィック動向、外部データベースから提供される情報などを総合的に分析して攻撃の予兆をつかみ、次の一手を講じる方法を研究しています。日欧の大学・企業との共同プロジェクトです。