東京大学情報基盤センター

情報メディア教育研究部門

ホーム > 情報メディア教育研究部門 > 概要

概要

3万人が利用する大規模な教育用システムを企画・構築するとともに、情報基盤をとりまく多彩なテーマを研究しています。

人が力を発揮できる情報基盤をつくる

コンピューターの力を最大限に引き出して自らの活動に活かす――東京大学はこのための教育に力をいれ、教育に使用する情報基盤を早期から構築してきました。本郷・駒場・柏キャンパスには現在、1,300台を超えるPCからなる教育用計算機システム(ECCS:Educational Campuswide Computing System)が分散して配置され、登録されているユーザーはどこでも利用することができます。教養教育や専門教育で実施されるプログラミングの講義や演習に、数値計算やCADなどの専門的で多彩なアプリケーションを使った実習に、そして学生の自習の場として、ECCSは使われています。加えて、学内の情報発信や情報交換の基盤として、ウェブ、メール、DNSのホスティングサービスを提供しています。
広範にわたる研究分野と多彩な国籍の3万人の学生と教職員、そして地理的に離れている複数のキャンパス。その多様な利用者に、変化の激しいIT社会のなかでどのようなシステムをつくり、いかに効率よく安定して運用していくか。それを検討し、蓄えた知恵をオープンにしていくことは、私たちの活動テーマのひとつです。
その一方で、人に寄り添い、コンピューターの性能を引き出せるように、情報基盤をめぐる多彩な研究を進めています。

研究テーマ

プログラミング言語処理系

ソフトウェアの信頼性、安全性、性能を高めるプログラミング言語処理系の技術を研究しています。プログラムの間違いを自動的に検出する手法は、その後、通信プロトコルの実装の正当性を検証する方法にも発展しました。

ゲームプログラミング

ルールがはっきりしていて評価しやすいゲームは、情報処理の題材としてよく取り上げられ、アルゴリズム、探索、機械学習など、多方面の技術を発展させてきました。2013年、共同研究してきたGPS将棋がトッププロ棋士に挑戦し、好成績を収めました。

システムソフトウェア

BitVisor̶̶コンピューターのハードウェアとオペレーティングシステムの間に介在するハイパーバイザー(仮想マシンを制御するソフトウェア)を研究・開発しています。システムのセキュリティを高めるセキュアVM(仮想マシン)のほか、クラウド構築の要素技術の研究も始動しました。

教育支援システム

学習管理システムをはじめ、授業を支援するシステムを研究・開発しています。変わったところでは、学科のシラバスから機械学習の手法で教育の内容を抽出し、学科の教育の特徴を可視化する研究もしています。